FC2ブログ
仕事が終わり我が家に帰った時、
ソファーに脱いだ服がぐちゃぐちゃに散らかっていて。
という状況を考えてみましょう。
家の工事をする場合、出費できる予算と工事の見積もりを比べるように、
体は無意識に“今の自分のエネルギー”と“洋服を片付ける行為に要るエネルギー”を見積り、
気分を生み出し行動する。と著者はいう。
だからあんまり疲れていない場合は洋服をハンガーにかけたり畳んだりして片付けるし、
へとへとで帰ったときは、自分が座れる分のスペースだけ服をよけるくらいしか動けないのかもしれません。
つまり、今のエネルギー>片付けエネルギー⇒片付ける
今のエネルギー<片付けエネルギー⇒片付けない
だからこの本では「片付けられないからと言って罪悪感を覚える必要などない」と断言しています。
心が軽くなったでしょうか?
私はこういう考えに触れることでとても心が軽くなります(えへっ)。
身(心?)体予算説とも言えるこういう考えを知ると、
例えばある種のめまい患者さんは体の経営が破綻している状況かな、
と診察していて思うことが多いです。
日常のやるべきことがエネルギーを上回って、
エネルギーを蓄えようにも睡眠時間を削って、
気分が落ち込んでいるけどやらなきゃならないことは減らないし。。。
で、ついに体のあちこちから借りていたエネルギーがどこにも借りられなくなり、
体が強引にエネルギーを蓄えさせる。
つまり強制的に動けなくする状態がある種の“めまい”なのではないかと考えます。

では本から気分に影響する(予算を上げ下げする)ことをいくつかあげます。
まず運動。運動はエネルギーを消耗させるイメージがあるがそうでもないらしい。
早歩き10分は1時間ほどのエネルギーの向上をもたらす。という
10分ではないが、1500mくらい=40~50分分ほど泳いだ後はやる気がみなぎることが私自身も多い、
実はブログを書くときはこの泳いだ後時間を利用している。
次に甘いもの。気分が上げるために、甘いものを食べる人は多いと思う。
直後はもちろんエネルギーは上がるが、1時間後くらいには上がった以上に下がり、
また甘いものに気持ちを向かわせたりする。ダイエットの天敵ですな。
また、砂糖を抜いた食事はうつ感情を低下させる効果があるという。
まぁ、あまりに糖質を抜きすぎるとかえってうつになるという話もあるので、低糖質はほどほどに。
睡眠。やることがあれば、睡眠を削ることで対応する人が多いが睡眠は気分を支える重要な因子です。
短い睡眠でいい人は10%ほどで大体の成人は7時間の睡眠が必要だという。
私の睡眠時間は8時間で一般より少し長めですが、
8時間寝ることで起きているときのエネルギーを正常に維持していると感じています。
睡眠については子供のも含めて、いつかブログに睡眠のネタだけで書きたいと思っています。
カフェイン。アルコール。ともにエネルギーを一時は増大させる。
ただ、カフェインは緊張を伴い、“やるぞ!”という気にさせるのに対して、
アルコールは緊張を緩和し“もうどうでもいいわ”という気にさせるそうです。
まあ、お酒飲むと大体まあ、いいっか”ってなりますよね。
タバコも気分に影響を与えます。
それは覚醒させることで、緊張を和らげる効果があるからですが、
ニコチンの作用は短時間なのですぐに戻ってしまいます。
私は煙草を吸わないのですが、煙草をついつい吸ってしまう人はこの頭をすっきりさせ、
緊張をほぐす作用を依存的に求めているんでしょう。
気分に影響を与えることと、その影響の内容をまとめました。
予想より長くなったので気分調節については次回にします。

IMG_3105.jpg 
毎朝のカフェオレ。ドリップコーヒーなのでカフェイン量は1杯120㎎ほど。
今日(1月17日)は救急当番なので、
カフェインの覚醒・やるぞ!効果を利用して救急を乗り切りましょう。







スポンサーサイト



2021.01.17 / Top↑
1月17日;日曜日は救急当番です。
8時から17時まで診療します。
発熱の外来もしますが、あらかじめ電話連絡をいただけると助かります。
055-927-3387
2021.01.12 / Top↑
年末年始にゆっくりと休めたことで”気分よく”過ごされている方も多いだろう。
また正月休みが終わり、仕事が始まったので”気分が下がった”方もおられただろう。
新しい年になって”気分”が新たになった”私ですが、
この休みに”気分”って何だろう?か?という本を読んで考えてみました。
気分は英語ではmood=ムード、ムード歌謡のムードですね。

”気分”とは?何?と考えたときにまず思いつくのは、
周りで起こった出来事や情報に対しての反応だ!じゃないでしょうか?
成功すれば”気分良い”、嫌なことされたから”気分が悪い”などなど。。。
けれど気分を学問として研究しているロバート・E・セイラーは、
気分は“体と心、両者が合わさった状態のどこにいるかの目印”だという。
つまり体のエネルギーと心の緊張の様々な組み合わせが気分を作るのだという。
ではエネルギーに影響を与えるものはなんだろうか?
すぐに思いつく、そもそもの”健康状態“、”睡眠“、”食事“、”運動“などの他に、
1日のうちのどの”時刻“か、ということも大きい要素であるという。
一般に、朝型の人は起床してから正午付近までにエネルギーが上がりピークを作り、
夕方にかけて下がっていく、夜にかけて少し上がり再びピークを作って、後は就寝まで下がっていく。
というパターンで、個人差はあるけれど、各人のサイクルは固定されているそうです。
本題と外れますが、内向的な人はしっかりとした朝型パターンを示すことが多く、
外向的な人は一日の遅い時間にエネルギーのピークを迎える傾向にあるそうです。
私?典型的な朝型=内向的ですね。
次に緊張に対しては起こった”出来事に対する思考”が特に影響を及ぼすという。
この“思考”というのがくせ者で、緊張を介して気分に影響するし、
気分が良いと“プラス思考”、気分が悪いと“マイナス思考”と変化する。
イメージとして、”気分”と”思考”は作用しあっている関係ですね。

「毎日気分よく過ごすために」というセイヤー先生の本を、正月気分で読んでいた私ですが、
”起った出来事”という外からの原因だけじゃなくて、
”健康”・”睡眠”・”食事”・”運動”・”時刻”という内的なものも原因なんだよ。という考えは
気分が落ち込みがちな(面もある)私にとっては、心が軽くなる考え方だったので、
ブログで紹介したい!と思ったのでした。
次回は気分に影響を与えるものや、気分の効果的な調節方法について紹介したいと思います。


さて、報告を。
2月の上旬をめどにホームページを新しくするので、
ブログはホームページに引っ越すことになります。
しかし、、、ブログ書くより書かないほうが
ブログランキングが上がるのはなんでだろう?





2021.01.10 / Top↑
2021年になりました。本年もよろしくお願いいたします。

年末年始のTVで放映される映画は何気に豪華で、
BSでは映画「ウエストサイド物語」を放送していた。
あらすじは、ニューヨークの裏町では不良少年グループ、
プエルトリコ系シャーク団と白人系ジェット団が争っている。
そんななかで元ジェット団リーダー・トニーが恋したのは
現シャーク団リーダーの妹・マリアで。。。というもの。
シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を基に
当時のアメリカ(1961年)の状況を織り込んで二人の”悲恋”を描いている。

この「ウエストサイド物語」は私の思い出の映画の一つだ。
淡い恋物語を期待していた人には申し訳ないが、授業での思い出だ。
まだ大学の1年生、教養で選択した美術の授業にでると、
その日は「宗教画について」だった。
宗教画について学ぶ。として興味を持つ人がいるだろうか?
当然19歳の私も”つまらないなぁ”という先入観を抱いた。
ところが美術講師が「まずは映画をダイジェストだけど見てもらいます」
といって流したのが「ウエストサイド物語」だったので、一転興味を持って聞いた。

この映画はキリスト教の世界観が投影されているという。
まずは主人公の名前、マリア。これは聖母マリアを連想させるという。
また、トニーが撃たれ横たえる彼を抱くマリアの構図が、
”ピエタ”という宗教画・彫刻全盛時代の芸術家が好む構図であること、
その時のマリアの衣装が、宗教画でマリアを意味する赤と紺色が使われていることなど、
そして、映画の冒頭は空からの視点で始まり、
これは神の視点を表現している。という説明で授業は終わった。
私の母親が金曜ロードショーかなんかでこの映画が流されるたびに
「高校時代、授業さぼって見に行ったの。ジョージ・チャキリスが素敵!」
と、小さい頃の私に説明していた同じ映画が、
大学の先生にかかるとこんな高尚な見方もあるのかと心底感動したのだった。
pieta_convert_20210106180311.jpg 
ボケていて申し訳ないけど、参考までにピエタのイメージを。
バチカンにあるミケランジェロ作ピエタ像。20代のミケランジェロの作品です。

それから20年後、イタリア旅行で嫌というほど宗教画を見る機会があり、
「ウエストサイド物語」を思い出して、
「受胎告知」などに描かれているマリアは必ず赤と紺だなぁと確認してました。
そしてなんと、今年は「ウエストサイド物語」が再映画化されるという。
監督はスティーブン・スピルバーグ。。。
やっぱり授業で習った通りか?見に行こう。


2021.01.06 / Top↑
12月に入ってから、うちのベランダに少しばかりのパンくずを置いてみたら
セキレイとヒヨドリが食べにくるようになった。
今週初めの寒さが厳しく、風が強かった朝はその餌やりをさぼってコーヒーを飲みながら
ベランダを見ていると、セキレイがやってきて、一直線にベランダの隅に向かっていった。
いつも置いてある場所には来ず、隅のほうでエサを探していた。
まるで、「この風でいつものところに餌を置いてたら隅のほうに動いていますよね」
と知っているような行動で、その賢さに驚いた。
私のようにコーヒーを飲みながら。。。ではなく、
動物の行動を観察してそこから進化や心理を研究する、動物行動学という分野によると
微笑みと笑いは起源が違うという。
akagezaru.png 
これはアカゲザルの子供。
サルの世界はしっかりとした階級社会で、
幼い子供が、近づいてくる上位の雄に”服従のポーズ”をとっている写真です。
人間でいえば頭を下げてひれ伏したり、敬礼したり、
ドンの指輪にキスしているような意味を持っている。
あまり口を開けずに口角を横に引っ張るだけのこのポーズから
口角を少し上げてみると”微笑み”になる。
サルの世界での「私はあなたを恐れています。
あなたとは良好な関係を持ちたので受け入れてください」
という願望が”微笑み”の起源だという。
格闘技の試合直前、対戦者同士が視線を交わすときに
より明確に微笑んでいる選手がその後の試合で負けていたという。
”微笑み”は優位ではない深層心理を表現しているのかもしれない。
また人間の”微笑み”は進化して、
単純に”幸せな”気持ちを表現するだけではなくなった。
”微笑み”を作って「大丈夫だよ」と相手を安心させる目的にも使うし、
自分は優しいですよというアピールのためにも"微笑み"は利用される。
こういう"微笑み"は政治の世界にあふれているだろう。

"笑い"はどうだろう?
サルの行動からは、喘ぎ(あえぎ)が"笑い"の起源だという。
喜ばしい気持ちを伝えるときのあわただしい喘ぎが"笑い"なのだ。
確かに大笑いをすると喘ぐようになり、
息が苦しくて空気を吸わずにはいられなくなる。
”微笑み”と違い嘘で笑うことは難しい。
子供のやったいたずらが、おかしくてたまらないけど怒らなければならないとき、
ちゃんと親は怒れているだろうか?笑いながら怒ることは難しい。

情動の両極端に起源をもつ”微笑み”と”笑い”。
私たち人間はこの二つは結局混ざり合って、今では一体化し、
”微笑み”から”笑い”に移ることも二つが混ざり合うこともある。
この混ぜ合わされた情動はサルの世界でも私たちに近い
類人猿にだけ見られるという。私たちは複雑なのだ。
日曜日にはM1グランプリが放送される。
私は喘いで苦しいような”笑い”を体験することを期待している。

さて、ブログは本日で今年最後です。
コロナで自粛期間中、なんとか笑えるように工夫してくれたスタッフと
私を支えてくれている多くの皆さんに感謝します。
では、よいお年を。
2020.12.19 / Top↑