FC2ブログ
接待を伴う飲食店に最近1週間以内に出入りされた方は、
受診前に電話連絡をお願いします。(055-927-3387)


 
スポンサーサイト



2020.11.23 / Top↑
11月に富士宮に行くのは今年で3回目。
渋滞する139号線からそれてしばらくいくと、木が道路の際まで生えている
いかにも山道に入っていく。
11月にしては暖かく、車の窓を開けるとイチョウの匂いがした。

実家から100mと離れていないところに神社があり、
そこには私が保育園に通っていたころには、
既に大きいイチョウの木(雪景色としてこのブログに登場)が3本あった。
四季を通じて子供の遊び場であったこの神社は、
秋になると大量の実と黄色い葉を落とす。実はギンナンだ。
祖母に「食べたいからとってきて」と言われ数個取りに行ったこともある。
「手がかぶれるから実を素手で触っちゃいけないよ」と注意をされたが、
それよりも果肉の独特な匂いのほうがきつくて、あんまり好きなお使いではなかったし、
焼きあがったギンナンも匂いを想像してしまいあまり口にしなかった。
東京の神宮外苑はイチョウ並木で有名な場所だ。
「愛という名のもとに」というドラマのロケで使われ、
出演の女優俳優陣が横一列に並び歩くシーンで、
「くさくないのかな?」と思ったものだった。
イチョウは秋にあの独特の匂いをかもすものだと思っていたからだ。
イチョウにはオス木とメス木があって、
実がつくのはメス木のほうでオス木には実がつかない。
あの独特の匂いはメス木だけなのだ。
街路樹として植えられているのはほとんどオス木だそうから、
ロケの俳優陣たちは匂いを気にすることはなかったのだろう。
IMG_3038.jpg 
(母に言って、撮影してきてもらった昨日の神社)

秋に実家に帰ることがほとんどなくなった私は
イチョウの匂いなど忘れていたが
富士宮のその道をイチョウの匂いを嗅いだとたん、
懐かしい記憶がよみがえる。
記憶は耳(歌として)や目(物として)だけではない。
匂いとしても残っている。
来年の11月も同じ匂いだろうか?







2020.11.23 / Top↑
 書店に立ち寄った時に
「いつもと違う本選びからセレンディピティを!未来への気づきをもたらす80冊」
(セレンディピティ:偶然に素敵なものを見つけること)
という文句にひかれて、そのコーナーに近づいてみた。並べられている80冊の中に
「コミュニケーションが取れないゾンビ=他者と働くには」
の手書きポップとともに「大学で学ぶゾンビ学」という題の本があった。
このブログでもゾンビについては今まで書かせてもらっているが、
ゾンビを学んだとは言えない私がゾンビについて書くなんて恥じ入るべきだ。
これは読者に失礼ではないか!ということで、ゾンビを学ぼうと購入した。

そもそもゾンビとはプードゥ教の呪術によって生き返った死体のことを言うそうだ。
しかし、一般的には青白い顔で血を流し、体を斜め気味に足を引きずるように歩き、
生きている人間を見つけて噛みつくイメージだが、
このイメージを映画で確立した人物こそ、ゾンビ映画の父といわれるジョージ・A・ロメロ。
この父をもってイメージとして現在につながるゾンビが誕生した(死んでるけど)。
そして、ここからいろんなゾンビが派生してくる。
日本でも最近は「アイアムア・ヒーロー」「カメラを止めるな」。
オーストラリアの誇るアクション映画「マッドマックス」になぞらえた
「ゾンビマックス・怒りのデスゾンビ」。
ギリシャもフランスもスペイン(「REC」)も、ご当地ゾンビ映画を製作している。
また、ゾンビ発生の場所を限定し、
その世界観を強調させた「新感染」(列車の中)「ゾンビスクール」(学校)。
「ゾンビスクール」は学校の生徒たちがゾンビ化し、先生達が戦う。
主演はイライジャ・ウッド。(ロードオブザリングの人)目下私が一番見たい映画です。
さらに、人だけがゾンビになるわけではなく、
動物ゾンビものの「ゾンビーバー」「ゾンビシャーク」
ズー(動物園)とゾンビをかけた「ズーンビ」。
映画の題だけ見てもワクワクしませんか?
ちなみに「ゾンビーバー」の中でのゾンビ化とは
ビーバーのように前歯が伸びてしまうことで、
ある意味ゾンビになるよりショックな変化かもしれません。
ゾンビが襲ってくる。という究極の状況を設定することで、
人間の強さ、あるいはもろさ、美しさや汚ささえも十二分に描けるのかもしれません。
「レック/REC3」は結婚式場がゾンビ襲来を受ける設定で、究極の愛を描いています。

さて、前置きが長くなりましたが「鬼滅の刃 無限列車編」を見に行ってきました。
鬼滅の刃はゾンビ系と重なる点が多くあります。
まず、価値観の違う生き物(鬼滅では鬼)が人間を襲うところ。
鬼が人間を襲い、鬼の価値観を押し付け鬼化させる。という文章を
ゾンビが人間を襲い、ゾンビ化して、まだまともな人間を襲う。
とすれば、一緒じゃありませんか?
鬼の始祖を倒すと鬼が全滅する。
産屋敷さんも「君が死ねばすべての鬼が滅ぶんだろう?」と16巻で言っているが
ゾンビ映画でもファーストゾンビを探す、
そこから抗ゾンビ薬を作る設定が多々あります。
また、ねず子の半分鬼、半分人間という存在は、
ゾンビにかまれても半分くらいしかゾンビにならない
ハーフというかダブルというかゾンビ映画でのキーパーソンの存在と通じるものがあるし、
日輪刀で首を切ると死ぬ設定は、頭を吹っ飛ばすとゾンビが死ぬことと似ているし、
鬼になると今までの人間関係を忘れてしまうところはゾンビも同じです。
そして最後に、正義感、責任感が強く、純でみんなのリーダー的役のひと、
例えば、アメフト部のキャプテン的な人は
ゾンビ映画(ホラー映画でも)最初に襲われ死ぬ。。。これは鉄則なのです!
煉獄さんが死ぬのは必然なのかも。。。
IMG_3033.jpg   

いただいた日輪刀、耳飾り、煉獄零巻をもって見てきました。


2020.11.15 / Top↑
ニンニクを1㎏むく時期になってきました。
ニンニクを1㎏むくと親指が強くなります。ついでに人差し指と親指の爪がへたり、
むき終わった後 指をじっと見ていると、まるで「マッチ売りの少女」になった気分です。

IMG_3020.jpg

さて、むいたニンニクを柔らかく中まで牛乳で煮て、
アンチョビとブレンダーにかける。粒の細かさはお好みで。
鍋にそのペーストとアンチョビのオイル、オリーブオイルを入れ、
弱めの中火でふつふつとわくまで煮る。決して焦がさないでね!
がイタリアン落合シェフのレシピです。
(材料:ニンニク9個、牛乳1ℓ、アンチョビ30gほど、オリーブオイル500ml)
うちはアンチョビ気持ち多めです。
ソースに手間がかかるので、野菜はシンプルに切るだけの生で。
今の時期なら、カブ、小さい大根、カリフラワー、ブロッコリーなどなど。
中でもブロッコリーのふさふさ部分がソースと絡みますね。
元は北イタリアの料理なので、北イタリアの白ワインと合わせるとよいでしょう。
と、おしゃれなのですが、ニンニクを1㎏もむくと指先にニンニク臭がまとわりつきます。
ほのかなワインの香りをあざ笑うかのように、強力なニンニク臭が漂ってきます。
しかし!指先ニンニク臭を消す画期的な方法を私は編み出しました。
牛乳で洗うと臭いが早くとれるのです。(常識だったらすいません)
臭い消しの方法では、以前カナダ人に教えてもらったのに
飼い犬がスカンクを追っかけて、スカンクの屁を浴びたら、
トマトジュースで洗うと割と早くとれるよ。というのがありますが、
使う日は来るのでしょうか?




2020.11.08 / Top↑
今年もあと2か月。
本屋さんや、文房具店に行くと来年の手帳が目立つようになってきた 。
手帳は見開きで月タイプか、週間タイプか、日タイプかに分かれ、
それ以外のメモ部分の場所と量、大きさ、おしゃれ度なんかの要素で決められると思う。
学校の先生だったら、年度で仕事が区切られるから4月始まりを使うのだろうか?
学校行事に加え、個人的な予定も多そうだから、週間タイプを使いそうだ。
売れっ子タレントのマネージャーなら時間管理もしないといけないし、
数か月先の予定も把握しなければならないので、
週間と月間の合体型を使うのかもしれない。
3~4人子供がいるママさんや、1~2人でもそこに習い事が多いと、
まるで売れっ子タレントのマネージャー並みの管理だと思うが、
あまりに忙しくて手帳に予定を書く時間もないかもしれない。
このブログを書くために、どんな手帳があるのだろう?と調べたら
農家日記、水商売専用ダイアリーなどなど、その道にはその道の手帳があるらしい。
子供〇人と習いごと管理手帳!をママさん向けに発売したら売れるだろうか?
もうあったら失礼しました。だが、その手帳にはちゃっかり病院シールを多めに入れておこう。

パソコンやスマートフォンがどんなに普及しても、
予定は手で書きたいので、私は断然手帳派である。
就職してから毎年何らかの手帳を使っている。
胸ポケットに入ってすぐ書ける、製薬会社さんが配ってくれた手帳を使ったのは研修医のころ。
それからかっこいい手帳を探し、システム手帳を使っていたのが10年目くらいまで。
そこから紆余曲折を経て、まず大きさはA5のノート型に固定され、
週間だとそこを埋めるだけの予定がないので月間タイプに落ち着いてきた。
ここ数年は同じメーカーの手帳を使っている。

IMG_3012.jpg

2021年は青色です。
このメーカーの最大の特徴はメモ部分が方眼で160ページあること。
講習会での筆記メモに、何かを思いついたときに忘れないメモに、
水泳の練習内容なんかも雑多に書いても大容量160ページ。
そして何より、頭の中の文章を紙に落とし、次にパソコンに書く、
というブログの構成作業に方眼がとても有用なのです。

この時期、まだおろしていない次の年の手帳を見ていると、
以前のブログで紹介した「初暦 知らぬ月日は 美しく」の句が浮かんできていた。
今年の手帳を眺めていた去年の今は”こんな年”になるとは思わなかった。
でも、”こんな年”だったからこそ、今年は”知った月日も美しく”思える。

2020.11.03 / Top↑