FC2ブログ
飛び込みはゴーグルがズレてないからうまくいった。
浮き上がりで隣のコースの人の足が見えるからきっとレベルの高い小学生に違いない。
後半のために軽く大きく最初の25mは行こう!
最初のターンはウオーミングアップの時に失敗したから目測を誤らないで。
戻りの25mも力を温存、温存。
50mのターン。よしよし、9月の時より体力余っているぞ、
あれっ、隣の小学生とはもうどれくらい差が付いたのだろう見えない。
もしかして、このままだと温存したままゴール。ってことにもなりかねないから、
ここら(60m付近)でエンジンあげますか。
最後のターン。エンジン全開だ!
あれ?あれれ?足が動かない。息が苦しくて、頭がぶれてしまう。
腕はこう、足はこう、早く動け動け。でも苦しぃ~溺れるぅ
で、100m終わりました。記録は1分21秒99。

またまた目標タイムはお預けでしたが、9月の焼津の大会より1秒縮まりました。
練習タイムが良くなっていたので、期待していましたがまた今度。
まだまだ改善の余地があることに感謝かもしれない。

スポンサーサイト



2019.11.24 / Top↑
9/29に記録会(100m自由形、50歳以上の部)に出ることを決めてから、
1分20秒は切りたい!という、”野心”を持ちました。
自分から絞り出せる週2回、という決まった練習時間でお盆休みから準備を進めていました。
記録会の2日前の金曜日は診療後、スタッフに早く行って!とせかされ(優しい人たちです)
高速道路を使って富士水泳場にでスタートの練習もしました。
へたくそなので、水面とぶつかり稽古です。水着を脱ぐとDVを受けた状態みたいになっていました。
あ~だけど、練習の割にはタイムもそんなに上がって来ず、1分20秒切るのは無理だな~
そんな時は100mが長く感じ、「50mに出ることにしてればよかった」なんて思ってしまう。
そんな私が思いだしたのはこの一節。

”この世の中では、何か手に入れたいと思えば、それなりの代償を支払わなければならない。
野心は持つに値するものであっても、手に入れるのはたやすいことではなく、
勤勉さと克己心が要求され、さらに不安や落胆にもうちかたなければならないのだ”

この小説の主人公は野心をかなえられましたが、私は落胆の結果でした。(1分22秒99)
私の水泳のフォームとか指導していただいている先生からは
「このままのタイムをそして健康を維持しなさい。
維持して、維持すれば、80、90にもなれば、ライバルはみんないないから」
というありがた~いお言葉をいただきました。
マスターズのレースは生き残りレースだったのか。


2019.10.09 / Top↑
お隣の神奈川県は梅雨が明けたそうです。

暑さが続いているので、涼みに行こうってことで、平日午後にわくわくプールに行ってみました。

平日なので空いているだろうという予想に反して、コースは埋まり気味。

けれど水中エアロビの横のコースは、住人1名だったのでそこに入りました。

年の頃は70~80歳、泳ぎはゆっくりした平泳ぎ。住人なんておこがましい。女王様とお呼びせねば。

女王様は水中エアロビの影響を受けて揺れていらっしゃる。私がその後ろを泳ぐと護衛するまるで衛兵だ。

すれ違いざま女王様の足が私をける。2回も。近づき過ぎたのだろう。無礼者っ!なのだった。

女王様と私の国に、他のコースから移民がやってくることもある。

移民は女王様が泳いでいることに気が付かない。だってとてもエレガントで波がたたない泳ぎだから。

ぶつかりそうになった移民はすぐさま他のコースに行ってしまった。

漂流民め!女王様を守ろうとする気概のある奴は現れないのか!

ようやく女王様との間合いをつかんだところで、隣のコースの殿下とお話しされ帰っていかれた。

一人で泳ぐのもつまらないね。私も帰国。

2018.07.01 / Top↑