FC2ブログ

ここのところの寒波は居座り寒波“と呼ばれ、まだ一週間ほど続くようです。

寒く乾燥した空気のためインフルエンザが流行しております。

静岡県も
3日前に一気に注意レベルを飛び越え、警戒レベルになっております。

当院でも
26日木曜までは高熱の方に検査しても、

ほとんどインフルエンザウイルス陰性だったのが、

27日からは発熱があるお子さんの2/3は陽性という結果になってきました。

今年インフルエンザ
A香港型で

2006年~07年に流行って以来4年間流行がなかったので、

多くのお子さんには感染経験がなく、広がりやすい特徴を持つとのことでした。

当院では感染の拡大を防ぐ目的で発熱の患者さんは別の部屋で待機していただいたり、

極力他の患者さんと接しないように会計を行ったり対策を立てていますので、

発熱の患者さんにはご了承をお願いします。

スポンサーサイト
2012.01.29 / Top↑

お正月も明けるといろいろ勉強会が開催されるのですが、

先週に続き土曜日は静岡で開催されている

“静岡県耳鼻咽喉科アレルギー研究会”に出かけて参りました。

まずは花粉の予想から。

昨年は
10年に一度といわれるくらいの大量の飛散だったのですが、

今年はその1/3程度に減るだろうということでした。

スギも生き物なのでたくさん花粉を作った次の年は、

少々お休みなのでしょう。

私も花粉症なので、ありがたいですが

花粉が1/3に減っても、症状が1/3に減らないのが悲しいところです。

さて特別講演は“妊婦・授乳婦と薬物療法”でした。

妊娠初期はどの薬もだめというわけではなく、

内服した妊婦さん達のデーターなどから

危険性が少ないものも判明してきており、

治療に必要なら積極的に使用してもかまわないというものでした。

これは内服をしていることで妊娠を躊躇したり、

妊娠を知らずに薬を飲んだからと、根拠もなく中絶したりする例を

少しでも減らす目的があるそうです。

快適で、安心できる妊娠を女性に行ってもらう、

国(厚生省)の方針でもあるとのことでした。

授乳中の薬に至っては“抗がん剤と放射性物質以外は、

ほとんど内服が可能”と踏み込んだ話でした。

講師の先生が努めておられる国立成育医療研究センター内にある

「妊婦と薬情報センター」への相談も可能ですので

心配で誰にも相談できず悩んでおられる方などは

利用されるのも良いと思いました。

妊娠と授乳 

2012.01.22 / Top↑
100分de名著ってご存じですか?

NHK教育テレビで、名著を25分*4週=100分で解説してくれる番組です。

“なんか難しそう”という先入観をもって読むのに躊躇されているような名著を

わかりやすく解説してくれる番組です。

今月の名著は、このブログのタイトルにも使わせていただいている“徒然草”です。

この本は高校の古典の教科書として出会ったのですが、

当時は受験勉強としてのそれなので、

深く味わうこともなく、ただただ古典の問題として読んでおりました。

大人になってから読んでみると、日常に起こったことを自分の切り口で論じている中に、

時代が変わっても生きていくうえで変わらないことがちりばめられている“名著”だと思いました。

最近こころするのは“あやまちは安き所に成りて、必ず仕る事に候ふ”という一文で、

“失敗は気が緩んだ時にこそ起こるもの”という意味です。

最後の詰めが甘かったり、物事を簡単に考えたりすると

後で必ずといっていいほど痛い目に遭った経験はないでしょうか?

さて番組はあと2回、どんな名言に気づかされるか、楽しみです。

100de.jpg 
2012.01.15 / Top↑
新年なので円形テーブルに生花を飾らせていただきました。

珍しい黄色の梅や、ゆりが華やかに生けられていて、

ゆりの甘い香りが待合に溢れています。

キリスト教の文化では白いゆりは純潔の象徴だそうで、

“赤毛のアン”の中にもアンがマリラのブローチを取ったのではないとわかるシーンの前に

“白ゆりの花の香りが、あたりに漂っている”とあり、

これはゆりを使ってアンの無実を暗示しているということでした。

そんなことを考えながら匂いを楽しんでいました。

生花は1/11の水曜日まで飾っておきますので、楽しんでください。

flower.jpg 

2012.01.07 / Top↑
昨年開業したばかりの当院ですが、なんとか新年を迎えることができました。

これも、受診してくださっている患者さんやその家族の皆さま、

支えてくださっている業者の皆さま、そして従業員のみんなのおかげと思っています。

心から感謝いたします。ありがとうございました。

今日は沼津、三島、富士地区の救急当番医でしたが、70名ほどの方が来院されました。

1月1日になんて一年で一番病院を受診したくは無いだろうと思います。

早く元気になるようにと、治療させていただきました。

さて、年末は実家に帰っていました。

冬によく晴れる沼津とは違い、富山は雪が降る曇りなど天気の悪い日が多く

他のどの季節より、二つの地域の違いを感じます。




2012.01.01 / Top↑