FC2ブログ
静岡県の花は”つつじ”です。では、富山県は?答えはそう、チューリップなのです。

その富山ではGWに砺波でチューリップフェアなるイベントが毎年開催され

量(たくさん)でも質(デコレーション)でも入園者を楽しませてくれています。

というわけで本場よりは小規模ですが、沼津でも。

暖かい静岡では2週間ほど前から咲き始め、今週"花は盛り”を迎えました。

チューリップ 
富山の友人が送ってきてくれた球根を植えたのが四ヶ月前で、

野良仕事(?)をしながら、花が咲いたことを送り主の友人と、

皆さんに知らせることを想像していました。にやにや笑っていたかもしれません。

そんな私に「何しているの~?」と話しかけてきてくれた、同じアパートのお子さんは

今週お父さんの転勤で引っ越して行かれました。チューリップ咲いたの見てくれたかな?

明日から4月。新しい学年、新しい場所での生活が始まりますね。

新しい年度も、スタッフと一緒に自分たちができることを模索していきたいと思います。

スポンサーサイト
2013.03.30 / Top↑
今週末は桜が満開で、そこかしこにピンクの花が咲いていましたね。

咲くまではそれが桜だと気がつかないけど、この時期はここに桜の木があるんだ。

と、気づかせてくれます。

私は用事で出かけた焼津で、桜並木を歩いてきました。桜のトンネルみたいではないでしょうか?
 
瀬戸川2 

今週ゆっくり鑑賞できない人には、兼好法師の名提言を。

題は「桜は満開を、月は満月だけが見ごたえがあるのか?いやそうではない」という意味です。

散る桜もなおよし。

桜を目だけで見るものではなく、桜の時期にまつわる記憶に思いを巡らすのも感慨深い。

あっ私は花よりだんごも好きですけどね。

2013.03.24 / Top↑
先週は大げさなような題で、「引かれるのではないか?」と頭をよぎったのですが、

たくさんの拍手をいただき安心しました。ありがとうございました。

 この週末、クリニックに新しい器械=CTを入れました。

今まではCTが必要な場合、近くの総合病院に紹介していたのですが、

このクリニックの中で検査し、診断する方が患者さんの負担が少ないこと、

何よりも質の高い診断ができるという理由で導入しました。

このCTは耳鼻科に特化したもので、耳や鼻の病気を詳しく描出することに優れ、

被曝も胸のレントゲンと同じくらいに低いという特徴を持ちます。

開業したときはこのような大きな買い物をする日が来るとは想像もしていませんでした。

”もっと良いものを還元したい”と思える、そんな気持ちに変わったのは、

患者さんみなさんのおかげだと思っています。大きな感謝と、これからもお願いします。

ということを声を大にして(文字を大にして?)伝えたい気分ですね。
2013.03.17 / Top↑
同じ本を2冊買うに値する場合があるとして、私にとってそれは「夜と霧」にあたります。

最初の1冊は貸したのに戻ってこなかったからですが、

誰かが読めばそれでいいとも思えました。

「夜と霧」はユダヤ人精神科医が強制収容所での心理的な体験を書いた本です。

収容された現実のショックから強制労働や劣悪環境での心の動き、

そういう生活の中で生き延びた人にあり死んだ人に無かったものとは?

愛とは?人生の意味とは?。。と、そんなことが書いてあります。

題は本の中の一文を今日は選びました。
 
程度の差こそあれ誰でも人生が思い通りに行くわけではないので、

人は大なり小なり”収容所生活を強いられている”ような時もあるのではないでしょうか?

そんな時に何かヒントを与えてくれる本です。

夜と霧 

昨日の土曜日は、花粉の影響でたくさんの患者さんが受診されました。

待ち時間が長くなったこと、開業以来経験したことない受診人数で、

私もスタッフも戸惑い、ご迷惑をお掛けしたと思います。すいませんでした。

「夜と霧」のなかでも、”異常なときに異常なのは普通だ”と、ありますので(すごいこじつけ)、

ご理解をいただければと思います。

そんな土曜日でしたが、「大変ですが、頑張ってください」とか

「ブログ読んでいます」(先週はさぼったのに(汗))と、声をかけられると、

んご~!と力が出るものですね。みんなで最後の患者さんまで頑張れました。

ありがとうございました。

2013.03.10 / Top↑