FC2ブログ
富山から沼津に移り住んで、”世間は狭いなぁ~”と思うことが時々あります。

中学の同級生が、開院の知らせをたまたま見て「こんな変な名前、彼女しかいない!」と

内覧会の日にお祝いを持って裾野から挨拶しに来てくれたり、

千葉に引っ越しする患者さんの紹介状を書いたら、大学時代にお世話になった先輩の病院だったり。

そして今夜は、私が研修医の頃、富山の大学病院で出会っていて、

それから20年近く経って、現在はお隣で働いている高山出身の方と積もる田舎の話をしていました。

高山の方なので富山からを送ってもらった寒ブリを肴に。

buri.jpg 
当時、富山から高山へは国道41号線で行ったのですが、

紅葉の頃は特別に美しい道にで、高山の病院にバイトに行くのが楽しみでもありました。

縁を感じ、縁に感謝した一日でした。

さて、来週の2月1日は私が福岡へ研修に出かけるので、

土曜日の診療を調整させていただきますので、ご了承ください。


スポンサーサイト



2014.01.26 / Top↑
連休ネタになるのですが、冬の京都に小旅行(一泊二日)してきました。

桜の時期も、紅葉の時期でも、五山の送り火でもないのに

いそいそ(?)と京都に向かったのは、

小品盆栽の祭典!”雅風展”が開催されていたからでした。

内閣 
この写真は最優秀作品で内閣総理大臣賞。安倍首相が選んだのでしょうか?

空間の使い方はもちろん、雑木に併せたオレンジの鉢がいいな~と鑑賞してきました。

他にも200席くらい展示されていたのですが、この冬の時期に葉も花もない雑木に写真のようなオレンジ、

またはピンクという明るい色が幹の白さに映えるな、と考察してきました。

うちの地味な駄温鉢に入っているカエデやモミジにも合うかしら。

さてそんな私の今、一番のお気に入りは。。。

梅 
冬の青い空に映える、赤い梅のつぼみです。

この梅を切って暖ををとるような時代でもないので(謡曲”鉢の木”)、必ず花を楽しめるでしょう。

2014.01.19 / Top↑
今から25年前、二十歳を迎えようとしていた一人の女子大学生はとても複雑な気持ちでいました。

まだ学生なのに、大人になるといわれても。。。

大人になるってどういうことだろうか?飲酒や喫煙が出来ることではないと思うし、参政権?

自立してこその大人であって、20年生きていたからといって、祝えるのか?

学部の2年生で卒業まではまだ4年、授業も専門科目ではなくてドイツ語などの教養科目が中心で、

働く具体像が持て無かったからかもしれません。お祝い、おめでとう!の大洪水の中で、

そんなめんどくさい事を考えていたのが、二十歳の私です。

結局、成人式にも参加せず、もちろん写真館での写真撮影もせず、

休日なのを良いことに、スポーツジムで汗を流していました。

受験勉強からの反動か、二十歳の頃の私は、ただひたすら体をいじめていましたから。

自分はそんなだったけど、当院のスタッフは素直に昨日の成人式は振り袖を着て参加したようです。

きっと、ご家族も大喜びでしょう。別の見方をすれば、二十歳まで育ててくれた親へのお礼の式だから。

二十歳の私は子ども過ぎて、考えが及ばなかったけど。

自立といえば、大学を卒業したのが1994年。つまり今年は社会人二〇歳にもなるのだな。

と、しみじみしてしまいました。

2014.01.13 / Top↑
明けましておめでとうございます。

当院でもスタッフも私も健康にお正月を迎えさせていただきました。

開業してからは三回目のお正月になります。まだ三歳ということですね。

新しい年を迎える記念に、うま年にちなんで”うまの書”を飾りました。

富山の書道作家さん=槇冬菫(まきとうきん)先生の作品です。

馬 
漢字の起源は、亀の甲羅や牛の骨などに書きこんで(亀甲文字)火であぶって占い政治を行なっていた

紀元前17世紀頃 ~ 紀元前1046年ごろにあり、その当時に使われていた”馬”の文字だそうです。

つまり現存する最古の馬の文字を、金と銀とで表現されています。

富山の作家さんだけあって、金は太陽を銀は雪をイメージされているそうです。

年末の帰省は飛行機で帰ったのですが、早朝に着く便だったのと

滑走路が凍結していて40分も富山の上空を旋回(まるで遊覧飛行!)していたので

雲の間から差し込んだ光が、前の晩に降った一面の雪世界を輝かせているのを見ていました。

まさに光が金で、雪が銀。大事にしたいと思いました。

そんな、こんなで今年もスタッフ共々よろしくお願いします。


2014.01.05 / Top↑