FC2ブログ
長泉にあるショコラ専門店”オウ・ルージュ”のシェフは、

”美味しいショコラ”を作ること、提供することを24時間考えているような人だ。

ショコラへの愛が深まり続け、遂にその原料のカカオを国産で栽培しよう!と思い始めた。

カカオとって最適な温度は25度以上だから、そのための熱を温泉を利用する、

ビニールハウス内に温泉を流し、熱と蒸気で室内を暖め、熱帯環境を作り出す計画だ。

それはショコラのためだけではない。温暖化+この前の雪でかなりの打撃を受けている

伊豆のわさび農家さんを救う!という目的もあるらしい。

eurouge.jpg 
自分の好きで好きでどうしようも無いことをやっている人って応援したくなりませんか?

だからシェフの壮大な計画やショコラ愛を聴いていると、

私もここで作られるショコラが食べたくて仕方なくなる。

自分だけで楽しむのはもったいないので、バレンタインにはスタッフと楽しみました。

情熱のお裾分けかな。

FBで新作ショコラの発売開始を知り、いそいそ買いに来た私に気がついてくれ、

ドアの所まで走って出てきてくれた今日のシェフ。聞けば、お客さんは車で憶えているそう。

そういえば店名のオウ・ルージュはショコラ王国ベルギーにある

F1も開催されるサーキットのコーナーに由来していたっけ。。。車も好きなのね。

スポンサーサイト
2014.02.23 / Top↑
自宅から通った大学時代、片道30分の通学によく聴いていたのがホイットニー・ヒューストンでした。

大学からの帰り道、夕暮れに"All at once" が流れてくると、

空の紫と曲の紫感がマッチして”大人になったな~”と酔ったものでした。

ホイットニーの曲のなかでも一番好きだったのは"Greatest love of all" 

辞書を片手に歌詞の意味を理解しようとしたり、もちろん車の中で歌った回数も一番。

まだ研修医の頃、酔っ払った2次会(3次会?)でカラオケで歌ってしまい、

「同じ趣味だね~この曲カラオケで歌う人初めてだよ」と意気投合!し、

以降、腐れ縁なのが今の病院の看護婦さん、小林さん。

この歌のさびは、わたしの訳もくっつけると
「I decided long ago, never to walk in anyone’s shadows
If I fail, if I succeed at least I live as I believe
No matter what they take from me
They can’t take away my dignity 」
(ずいぶん前に私は誓ったの、誰にも頼らないって。
成功しようがしましが、自分の信じたようにやるだけ。
 誰が私から何を奪おうとしても、私の尊厳だけは誰にも奪われない)

。。。あんまりだよホイットニー、こんな歌を残しながら薬漬けで死ぬなんて。

いったい最後にこの曲を歌ったのはいつなのよ?

この曲の最後でも歌っているじゃない 
「And if by chance that special place
That you’ve been dreaming of
Leads you to a lonely place
Find your strength in love 」
(たとえあたなが信じて夢見たようにならなかったとしても、
ぶれることない強さを愛の中に見いだすのよ) 

。。。ってね。

2/11は小林さんと夕食後、意見が一致して近くのメガトンへ。

歌いながらこの日がホイットニーの命日だってことを思い出し、二人でしんみり。

もう今では年に1回もカラオケに行かなくなった私たちがこの日にカラオケを選んだのは

やっぱりホイットニーが誘ってくれたんだよなぁ。。。
2014.02.13 / Top↑
頂いたお花や、お祝いの言葉で気がついた病院の3歳の誕生日でした。

1年目、2年目はそれなりに気負っていたような感じもありましたが、

それが無かったということは自然体になったということでしょうか?

最近特に病院は私だけのものでは無く、

受診される患者さんやスタッフのものだと思うようになりました。

あたかも生き物のように。

以前にも増してそう思うようになったのは、受診された患者さんの中で

霊感が強い方が「この病院はパワースポットですよ」と言ってくださったからかもしれません。

このパワーはスタッフと患者さんが生み出すものだと信じています。

ところで、そんなパワースポットな当院の、パワーオブパワーなスポットが

最近増設した、マグネット遊び板の前です。

magnet.jpg 
アンパンマンなどの魅惑的なマグネットをペタペタつけられるこの場所を

気に入ってくれる小さい患者さんが多いことに、作った私も驚いています。




2014.02.09 / Top↑
福岡に行ってきたと。

2/1の土曜日は大きな混乱もなく時間どおりに終らせていただいて、福岡へと無事行ってきました。

福岡では舌下免疫療法についての話を聞いてきました。

今年の6月ごろから治療で使えるようなので、花粉症シーズンに入ったこともあり

TVでも取り上げられています。治験をやった先生の報告によると。。。

治療は花粉症エキスを毎日2分間舌下に保持する。5分間は飲食を、直後の運動も避けるなど

気をつけてもらうこといくつかあり。

もちろんアレルギーを起こすものを体に入れるので、

副反応やひどいアナフィラキシーの可能性があることを理解し(そんなに頻度は多くないらしい)

最初の1年は2週間に一度病院には通院が必要。

期間は単年(1年)よりは複数年(2年以上)行なうほうが効果が上がるという結果だったので

目標は2年。約2年終えて効果があったのは7割。しかし約3割は全く効果無し。というものでした。

どうでしょう?夢の治療とはなかなかいかない様ですね。

福岡に行く準備で少しばたばたした先週、

満開になった梅にお願いして水曜日にアルバイトをしてもらいました。

受付の会計の場所に飾っていたのですが、気がついた方はおられたでしょうか?

梅ちゃん



2014.02.05 / Top↑