FC2ブログ
土曜日は毎年この時期に行われる講演会に参加してきました。

講師は小児科の先生で「赤ちゃんがアレルギーにならないためにどうすれが良いの?」

という質問を妊婦さんたちから投げかけられたことがきっかけで、

その問いに答えるべくいろいろな研究を分析しまとめた内容を話してくださいました。

卵と牛乳のアレルギーは乳幼児期に多く、以前は妊婦さんにも

「食べないようにしましょう!」なんて指導していたそうですが、

妊娠中に卵や牛乳を制限したお母さんから生まれた子供と、

何にも制限しないお母さんから生まれた子供で、卵や牛乳アレルギーの発症を調べたところ、

差が無かったどころか、制限しないお母さんの子供たちのほうが、

発症が少なかったという研究結果が世界からいくつも報告されているのをうけて、

現在では食物アレルギーを出さないために妊婦さんが食物を制限することは

「効果ないです」と指導しているそうです。

食物アレルギーは口から入るものを制限するより、

肌の荒れ=湿疹という皮膚のほころびに、食物が接することで免疫が変化し

発症することが証明されてきたので、赤ちゃんの湿疹をなるべく保護しましょう!

ということでした。その他、妊娠中の魚oilを摂取することや、腸内の乳酸菌を増やすことが

アレルギーを発症させない効果があることを話してくださいました。

たまには勉強したことを還元しないと!ですね。

そして日曜日は、以前から気になっていた中待合の壁を修復してもらいました。

改装前 
 改装前


改装後 
改装後

なんということでしょう!?

病院も修復しましたが、私も修復が必要かも。。。ということで、

2月4日に人間ドックに行ってきます。そのために臨時休診となりますのでご了承ください。


スポンサーサイト



2015.01.25 / Top↑
「鶏頭の十四五本もありぬべし」

浪人の時に私が受けたセンター試験の国語はこの句から始まったと思う。

最初の教科が国語だったので、問題冊子を開いて最初に見たのがこの句ということになる。

高校生の頃、低い通る声が特徴の現代国語担当の先生からどんな解説が聞けるのだろう?と

耳を傾けると。「この句はですね、ま、鶏頭が14,5本咲いているなあという意味です」

何のひねりもない!と心の中で突っ込んだことを試験中に思い出した。

「結核で寝たきりの正岡子規が鶏頭の生命力をたたえ、それをありのままに表現した俳句です」

と背景を説明してはくれたが。

keitou1[1]  
鶏頭(ケイトウ)。季語は秋。

実際の鶏頭は見たことがなかったけれど、知っている句に出会えたことは

私に落ち着きを与えてくれた。

けれど一緒に試験を受けた同じ浪人生は、

”はい、始め!”で、この句が目に飛び込んできたとき、

地面にニワトリの血だらけの首が14,5本刺さっている壮絶な絵面をイメージしてしまい、

その後の文章を読んで、鶏頭が植物とわかるまで極度に緊張してしまった。

と一日目が終ったあと肩を落として話してくれた。笑えなかった。

以来、花屋で鶏頭を見るたびにセンター試験と彼女を思い出す。

今日はセンター試験。受験勉強は苦しいのも本当だけど、何年か経つと苦しかったことより

こんな思い出に変わる。時間は魔法です。
2015.01.18 / Top↑
明けましておめでとうございます。

明日から仕事始めの方も多く、今夜は特別くつろいだ時間をおくっておられるでしょう。

20150104202952638.jpg

滞在中晴れたのは1日だけでした。これはその時の高岡駅から立山を写した物です。

その高岡駅では3月に新幹線が開通することもあってお祭り騒ぎでした。

カウントダウンはもちろんのこと、TVでは特番、百貨店ではお土産などなど。

他県の人には”いい気になっている”と映るかもしれません。

あるいは”浮かれている”と。でも大目にみてください。

北陸新幹線を何十年と待ってきた普段はほとんど質素な県民なんですから。

今度帰省するときは、新幹線なんだろうなと考えながら駅を後にして

沼津に着いたらもう2015年でした。どんな年になるんでしょうか?

2015年で思い出したのですが、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で

未来が大変な事に!と言われ合わせたデロリアン(タイムマシン)のメーターが2015年。

主人公マーティーに近い年齢だった私にはほど遠い未来のように思えたその年になりました。

私の前に今デロリアンが止まっても、30年後の2045年には合わせないだろうなぁ。。。




2015.01.04 / Top↑