FC2ブログ
土曜日の仕事の後、三島で勉強会があったので出かけてきました。
今回の講習は今までは感覚で評価していたことを、数値にできないかという話から始まりました。

医者の技術の熟練度を数値化する。
熟練医師と研修医に同じ医療手技をモーションキャプチャーをつけた状態でやって比べた結果、
結果も、手技にかかる時間も差はないが、動きの質に差が出るらしい。
熟練者は滑らかな動きで、研修医はギザギザした動きのイメージだと。
私も手術がうまい先生の手術に何度も入らせてもらったことがありますが、
彼らの動きには無駄がありません。
医療の話からずれるのですが、もう、何十年も前に読んだスキーに関する
「ステンマルク(Wカップ最多優勝者)の写真は面白くない」という記事を思いだしました。
トップスキーヤーの写真は躍動感が欲しいのだけど、ステンマルクの写真はいつも静かで面白みがない。
しかし躍動感がない事こそ、あらゆるシーンで雪とバランスが取れており
それこそが彼の強さの秘訣なのだ~~~という内容でした。
熟練者の動きなのでしょう。

今後多くの熟練者の動きのデーターを取りこんだなら、
これからの研修の合格判定は熟練者の域に近づいているのか?未熟なのか?
AIがやってくれるかもしれません。
ペッパー君に「まだまだ未熟です」と言われる日が来るかもしれません。
何十年もやっていて「ミミアカトリハ、マダマダデス」なんて言われたら、へこむわぁ~



スポンサーサイト



2019.07.28 / Top↑
今年も4月ごろから私の住むマンションにツバメがやってきています。

下の階の章
例年どこよりも早くやってきて、卵を産み安定した子育てをするツバメ夫婦です。
今年も4月にやってきて、巣を手直しして卵があるかないかの時期に
親鳥(多分メス)が巣のヘリに停まったまま死んでいました。
春にしては冬に戻った様な寒い夜が明けた日でした。
空き家になってしまい、ツバメの死がいがへりに付いたままの巣を
新しい夫婦が訪れ、ここで子育てをしようと決意したようで、巣の手直しを始めた。
死がいはどうするのだろう?下に落とすのかな?どっかに持って行くのかな?と見ていたら
なんと、死がいを巣の壁に埋めるようにリフォームしていました。
人柱ならぬ、つばめ柱のかいもあってか、引っ越ししてきた夫婦は無事に子育てを終え巣立って行きました。

私の階の章
大体6月の終わりごろ、下の階の子育てが終わってからやってきます。
去年の巣がなくなっていたので、今年は巣を一から作らなければなりません。
尾の長いオスが特徴の夫婦で、何年か前のちんたらちんたら巣を作っていた夫婦と違い
ぱっぱと巣を作り卵を温めはじめ、「今年も順調だな」と安心して見ていました。
ツバメは2週間くらい卵を温めると孵化します。
今年は比較的寒い梅雨だったせいか、3週間以上温めていました。
もう、卵は孵化しないんじゃないかと隣の部屋の奥さんと心配してたら、
先週ようやくヒナが4匹、鳴き声と弱々しい鉛筆みたいな首を見せてくれました。
やっと夫婦での子育てが始まりました。
夜になると4匹のヒナを挟み、巣の端と端に夫婦が寝る、ツバメも川の字で寝るんだな~
っとしみじみしていた矢先、メスの姿が見えなくなりました。
メスがいなくなってからこの1週間、オスだけが餌をやり、カラスを追い払い、孤軍奮闘しています。
夕方から巣で休むのですが、子供たちはまだお腹がすいているのか
眠りこけているお父さんの横で口を開けています。
この休日ミルワームを買ってきてヒナにやってみるか!と考えたのですが、
ヒナの食道が食いちぎられないように頭をとるか、つぶさなければならず諦めました。。。
4匹Iだったヒナは3匹になっていますが、頑張れお父さん!

IMG_2529.jpg
暗いですが、在りし日の夫婦とヒナです。
ここ数年見ている私の中では、夫婦とも巣で休むのは珍しい光景です。
2019.07.21 / Top↑
同級生が沼津に来る用事があったので、
「その日のうちに川崎に帰すから」と約束し半ば強引に寄ってもらった。

保育園から高校まで一緒。
学生時代から旨いもの好き、大学時代のバイトも飲食系。
食べることが高じて勤め先も大手食品メーカーです。
大学生の頃、私が富山から東京に遊びに出たときは
その頃人気があった「エムザ有明」に連れていってもらった。
食べたのがワニの肉だった気がします。当時はバブルだったもので。。。
ちなみにワニの肉はトリの肉みたいに癖のない淡白な味でした。
エムザ有明だけでなく、数年前は東京出張の時にお鮨をごちそうしてもらったので、
お鮨返しで、沼津の夜を楽しんでもらいました。

今はこんな紳士みたいな顔をしていますが、
壁に一番近く10円玉を投げられた者が10円玉を総取りする”銭投げ”なる遊びを考案し、
私からお金を巻き上げていました。あとで、先生にそんな遊びはイケません!とみんなで怒られましたが。
そんな担任の先生によく怒られていた小学生時代から、話は現在の仕事まで。
 2時間じゃ足りないもので、東京に行った際はお願いします。

IMG_2521 (2)  
2019.07.15 / Top↑