FC2ブログ
2021年になりました。本年もよろしくお願いいたします。

年末年始のTVで放映される映画は何気に豪華で、
BSでは映画「ウエストサイド物語」を放送していた。
あらすじは、ニューヨークの裏町では不良少年グループ、
プエルトリコ系シャーク団と白人系ジェット団が争っている。
そんななかで元ジェット団リーダー・トニーが恋したのは
現シャーク団リーダーの妹・マリアで。。。というもの。
シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を基に
当時のアメリカ(1961年)の状況を織り込んで二人の”悲恋”を描いている。

この「ウエストサイド物語」は私の思い出の映画の一つだ。
淡い恋物語を期待していた人には申し訳ないが、授業での思い出だ。
まだ大学の1年生、教養で選択した美術の授業にでると、
その日は「宗教画について」だった。
宗教画について学ぶ。として興味を持つ人がいるだろうか?
当然19歳の私も”つまらないなぁ”という先入観を抱いた。
ところが美術講師が「まずは映画をダイジェストだけど見てもらいます」
といって流したのが「ウエストサイド物語」だったので、一転興味を持って聞いた。

この映画はキリスト教の世界観が投影されているという。
まずは主人公の名前、マリア。これは聖母マリアを連想させるという。
また、トニーが撃たれ横たえる彼を抱くマリアの構図が、
”ピエタ”という宗教画・彫刻全盛時代の芸術家が好む構図であること、
その時のマリアの衣装が、宗教画でマリアを意味する赤と紺色が使われていることなど、
そして、映画の冒頭は空からの視点で始まり、
これは神の視点を表現している。という説明で授業は終わった。
私の母親が金曜ロードショーかなんかでこの映画が流されるたびに
「高校時代、授業さぼって見に行ったの。ジョージ・チャキリスが素敵!」
と、小さい頃の私に説明していた同じ映画が、
大学の先生にかかるとこんな高尚な見方もあるのかと心底感動したのだった。
pieta_convert_20210106180311.jpg 
ボケていて申し訳ないけど、参考までにピエタのイメージを。
バチカンにあるミケランジェロ作ピエタ像。20代のミケランジェロの作品です。

それから20年後、イタリア旅行で嫌というほど宗教画を見る機会があり、
「ウエストサイド物語」を思い出して、
「受胎告知」などに描かれているマリアは必ず赤と紺だなぁと確認してました。
そしてなんと、今年は「ウエストサイド物語」が再映画化されるという。
監督はスティーブン・スピルバーグ。。。
やっぱり授業で習った通りか?見に行こう。


スポンサーサイト



2021.01.06 / Top↑