FC2ブログ

この土曜日はアレルギー性鼻炎による睡眠障害についての話を聞いてきました。
子供から大人の体になるにつれて、のどが広がるので
大人は鼻呼吸だけに頼らず口呼吸もできるけど子供は鼻呼吸がメインとなります。
子供の成長期に鼻づまりを放置すると、顔の骨、特にあごの成長が悪くなり
将来、鼻中隔湾曲症や睡眠時無呼吸症候群になりやすくなるそうです。
顎を広げるには骨が柔らかい子供時代が適していて、
実際矯正のために子供の鼻つまりを改善して欲しいということで
受診される親御さんも増えてきています。

起きている間のことで、睡眠に影響されない事はあるのでしょうか?
日中の活動はもとより、高血圧、糖尿病といった生活習慣病、
鬱に代表される精神病、果ては認知症のリスク。
日本人は世界的にも睡眠が少なく、睡眠時間が減っているということですが、
それが私の研修医時代と比べて今の患者さんたちにめまいや突発性難聴が多く、
低年齢化している原因でしょうか?
そんな私は、夏至の前後の最近は
6時前に起きてしまうので
22時には布団に入るロングスリーパーです。


2019.06.30 / Top↑
一人修学旅行と称して、金沢に行ってきました。
ミシュランの3つ星観光地にも選ばれているため、
平日にもかかわらず観光客でいっぱいでした。
まずチケット売り場にいくと、前には2組並んでいました。
売り場の女の人は70代かと思われるおばさん。
最初の家族組には中国語で、中国のパンフレットを渡していた。
”やっぱ三つ星観光地は婆さんにも中国語を話させるんだな”と観察していると、
次は若い外国人カップル。
男性には英語で会話。良くある小銭をジャラーと出して二人分とってくれ!的な要求にも
笑顔で、英語で答えていました。
それで終わりではなく、パンフレットを渡す時に男性にはもちろん英語で、
女性には「スパニッシュ?」と聞いて、スペイン語のパンフを渡し、
最後に「サンキュー!オブリガード!」とあいさつしたのだった。
カップルの女性もオブリガードに驚き、感心し(多分)、笑いながら庭園に向かって行った。
さて、次の私は何語で話しかけられるか、ワクワクして近づくと日本語で話しかけられました。
兼六園のチケット売り場はマルチリンガルじゃないと勤まらないんだな~

IMG_1599.jpg

やっと来ることができた霞が池。
金沢城も行っておいでと、母親に勧められたのですが、
歩き疲れて、兼六園だけで断念してしまいました。



2019.06.16 / Top↑
今年のGWに中学の同級生で集まった。
同級生に囲まれると、当時の”不埒な悪行三昧”(部活サボる、掃除いい加減 etc...)のせいで
肩身が狭い。実際、その頃の卓球部キャプテンは中学3年生の時の担任に
「釣田さんの面倒見てやってね」と頼まれたらしい。
35年前の裏話を披露されて、冷汗が乾かない。。。

そんな不安定だった10代に、1週間家出して、同級生の家に転がり込んでいたことがある。
高校は違ってしまった彼女の家にどうしていこうと思ったのか。。。?
ちなみに家出はしてでも学校には休まずちゃんと通っていたので、
担任の「お前家に帰ってないのか?お母さん心配しとるぞ、帰ってやれ」
という一言で終わってしまったのだった。
話を戻し、、、その子が金沢でお店をやっていると聞いていたので、
今回その店に当時のお礼を兼ねて会いに行ってきた。

あの頃、家出した私に深くは尋ねず、笑って家に居させてくれた彼女は
今は数時間家出してくる男性を癒す、金沢の一番の飲み屋街でクラブを経営するママになっていました。
この再会で、なんで私が彼女の家に行ったのかわかった気がします。

IMG_2498.jpg



2019.06.13 / Top↑
6月が始まりました。私的にはこの寒暖差でちょっと体調を崩しています。
それでも、働けないほどの重症ではないのでありがたいですし、
まあ泳ぎに行けるほどの体調なので、大好きなプールにも通えています。
大好きが高じて、東京オリンピックでは競泳を中心にチケットを予約しました。
全部当たると困りますが、1個でも当たればな~と6/20の結果待ちです。

さて、来週私は6/13木曜日を休診にして金沢に行きます。
富山の高岡出身の私にとって金沢は一番身近な都会でした。
日本3大名園の一つ兼六園は中学1年生の時の修学旅行の地でしたが
ちょうどその時水疱瘡になった私は行かれず。。。
今の時代みたいに小児科に行って診断みたいなことなく、
熱があるのに水疱瘡を「ニキビだよ」と言い張る母親の迫力に負け学校にも行っていました。
しかし高熱には勝てず、修学旅行の前日にダウンする羽目になりやっと母親も
「そういえば、あんた水疱瘡になってなかったわ」と思い出したという顛末。
あれから、37年。。。ひとり修学旅行です。

2019.06.05 / Top↑
ブログは沈黙気味の5月でしたが、気候も良くドライブに行こう!
ということで河津町に行ってきました。
伊豆の中でも河津町に決めた理由は、桜では無くバラが見たかったから。
天城を越え、ループ橋を渡ると見ごろ宣言がだされた”バガデル公園”

IMG_2459.jpg 
平日なので空いているかと思いきや、バラ好きの人たちでにぎわっていました。
広い庭園内には皇室王室の名前のバラのコーナーがありました。

IMG_2457.jpg 
皇后さまと同じ”マサコ”という名前のバラ。2つ横は”プリンセスミチコ”のバラも。

さて、私には珍しくドライブなんかして楽しんだので実家の母親に電話をすると
「もしもし」よりも先に「今日の朝乃山どうだった?」
どうだった?と聞かれても、生まれて50年、母親と相撲の勝敗の話になったことがなく。。。
どうやら富山は朝乃山の快進撃で大変なことになっているらしい。
友達にメールしたら「もちろんトップニュースだよ」
まあ、103年ぶりの県出身力士の優勝なので、県民のお祭り騒ぎは許してください。
朝乃山の育ったところは呉羽という市街地から少し離れた住宅地。
当時勤めていた病院にも近く、私がまだ半人前の頃に住んでいたところでもあります。
5月の暑くも寒くもない天気には呉羽山まで、散歩に行ったっけ。
この呉羽山に連なる丘陵は梨の名産地です。
今年は特別甘いかも!







2019.05.26 / Top↑